SW連休最終日@茨城県&千葉県

水戸から矢切に戻るのは、常磐線で松戸〜柏に出て乗り換えるのが普通です。
朝に水戸を出るということで、遠回りしてみました。


常澄駅か大洗の方向へ少し行くとある田んぼアートです。
通過している時に見ていると、何が描いてあるのか意外とよくわからなかったんですが
写真を見て、一部わかりました。
多分、水戸市三の丸にある弘道館の日本遺産登録の記念だと思います。
田んぼアートは結構広い範囲に描かれているので、機会があれば全景を撮ってみたいです。

北浦湖畔-新鉾田駅間にて
北浦湖畔-新鉾田駅間にて
小さいですが、北浦対岸に内閣衛星情報センター 北浦副センターのレドームが写っています。


JR鹿島線との連絡駅の鹿島神宮駅です。
JR鹿島線は日中2時間に1往復ということもあり、便によっては1時間以上の乗換待ちもあるんですが
今回は30分強でした。

潮来市と鹿嶋市の境
潮来市と鹿嶋市の境
北浦の南側です。写真に向かって左が潮来市、右が鹿嶋市です。

千葉県と茨城県の境
千葉県と茨城県の境
霞ヶ浦から流れる北利根川です。左が千葉県香取市、右が茨城県潮来市です。

与田浦コスモスまつりの会場
与田浦コスモスまつりの会場
十二橋駅の少し南に与田浦を渡る鉄橋があります。
近くで、与田浦コスモスまつりが10/10まで行われています。

JR鹿島線はSuica・Pasumoが使えません。


銚子発・成田行きのJR成田線への乗換ついでに、この香取駅でSuicaの入場処理をしました。

で、着いた成田駅、ここでお昼です。

成田駅から矢切駅へは、京成本線で京成高砂に出て、北総線下りに乗り換える。
または、JR千葉駅経由市川駅で松戸行きのバスに乗り換えるのがオーソドックスなルートです。

このルート、矢切と成田の位置関係からはかなり遠回りなんですよね。
成田駅からアクセス特急しか止まらない成田湯川駅までの千葉交通の路線バスを使うことにしました。
成田ニュータウンを通るからでしょうか?バス自体の本数は結構あります。


アクセス特急に乗り込み

車窓の印旛沼 左が成田市、右が印西市(成田湯川-印旛日本医大間)
車窓の印旛沼 左が成田市、右が印西市(成田湯川-印旛日本医大間)

新鎌ヶ谷で北総線各駅停車に乗り換えて


帰ってきました。お日様も連休のシルバーウィークでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ
国内旅行予約はるるぶトラベル




SW連休最終日@茨城県&千葉県」への2件のフィードバック

  1. 水戸駅のフレッシュひたち、すごいインパクトだね。
    新型のひたちも作って欲しいね。
    いっぱい列車に乗って羨ましい。

    1. フレッシュひたち、キオスクの壁なんですよ。
      インパクトあるっしょ。
      新型ひたち、うーん作るのかな?
      コメントありがとうございました。

メールアドレス、WordPress.com, Twitter等のSNSアカウントでコメントできます。